入れ歯は保険で作れます

グローバル歯科での診療中、「入れ歯は保険で作れますか?」とのご不安を多くお聞きします。特に入れ歯が初めての患者様は入れ歯にそのものに対するご不安、また当然ながら入れ歯の費用に対してもご不安をもたれています。日本の歯科医療では、入れ歯はすべて保険で作る事ができます。
人間は咬(か)むことにとって唾液を飲み込みます。最近よく報道もされていますが、長寿社会において、このことが誤嚥性肺炎を防止する大きな役目を担っています。咬むことのできるお口の状態にすることが患者様にとって最優先の一番大事なことと考えます。

日本での歯科治療は、保険と保険外(自費)に分かれています。保険と保険外では、治療費に非常に大きな差があり、約3倍~10倍以上の差があります。
保険治療の治療費は、保険証を医療機関に提示することで、治療費の支払いが一部負担金で3割で済みます。(※2012年4月現在で一部負担金の割合は、年齢や所得により異なります)
勿論、自費で入れ歯をお作りになったり、インプラント治療をされる場合もありますが、部分入れ歯・総入れ歯にかかわらず保険で作れます。
また、年齢と共に歯茎やあごの骨の変化があります。これにともない入れ歯を修正したり、作り直す必要が出てくる場合もあります。ご不安をお持ちの場合はまず保険で入れ歯をお作りになることをご検討ください。

保険で入れ歯を作り、さらに自費で入れ歯をお作りになることはいつでもできます。
※ただし、保険で入れ歯をお作りの場合、6ケ月はさらに保険で別の入れ歯を作る事は保険制度で認められません。

費用と通院の目安

  • 保険での部分入れ歯(上下どちらか片方) 5.000~13.000円
  • 保険での総入れ歯(上下どちらか片方) 10.000円

通院の流れ

大まかなお口の型どり→専用トレーによる精密な型どり→噛み合わせ計測/人工歯を選択→入れ歯の試着(試適)→完成した入れ歯のセット/調整 大切な患者様の入れ歯をお作りするので、上記のような通院が必要となります。患者様のご希望やご都合が最優先となりますので、遠慮無くご相談く ださい。

お体の加減等でお一人で通院できない患者様には、専任スタッフによる、保険での訪問歯科診療も行っておりますので、お気軽にご相談ください。