診察項目

小児歯科

保護者から見た、お子さんの症状Q&A

よくあるご質問・疑問にお答えします!!
私たちが保護者の皆様方からよくお受けする「お子さんの歯」のご質問をまとめました。

Q:指しゃぶりがやめられないのですが・・・。
A:4歳以降も指しゃぶりをしていますと、出っ歯になってしまう可能性があります。ただ指しゃぶりは心の安定剤の役割をしていることが多いので、無理にやめさせようとすると逆効果です。他に癖が出てしまったりストレスがたまったりします。日常の様子を見ながら心のケアや他の方法で気をまぎらわせてあげましょう。

Q:歯の表面が白っぽく見えますが大丈夫でしょうか?
A:むし歯の初期ですと白く濁った様に見えます。早期であれば削って治さなくてもフッ素塗布などの予防処置で済む場合があるので早めの受診をお勧めしております。

Q:前歯がねじれているのですが大丈夫でしょうか?
A:乳歯は永久歯の生えてくるスペース確保の役割もしていますので、乳歯がねじれている場合は永久歯もねじれて生えてきてしまう可能性もあります。ただ大丈夫な場合もありますので専門家に一度は診てもらうことをお勧めします。

Q:3歳児検診でかみ合わせが反対と言われましたが大丈夫でしょうか?
A:乳歯の反対咬合(ハンタイコウゴウ=いわゆる受け口)は、そのままにしておくと顎(アゴ)の成長を抑制してしまう恐れがありますので早めの治療をお勧めします。遺伝や習慣などの原因で、上下の顎のバランスの差が生じて反対になっている場合があり、治療はそれぞれの状態で異なります。専門家による詳しい検査だけでもした方がいいでしょう。通常7~8才くらいまで様子を観察する場合もありますが、早期の治療が必要な場合は5~6才位から始める場合もあります。

Q:ハミガキを嫌がってさせてくれないのですが・・・。
A:磨かなければ確実にむし歯になります。子供のむし歯は親の責任です。(キツイ言い方ですが事実です)むし歯になって後で痛い思いをするのはお子様です。ここは割り切って無理矢理にでも磨いてください。おひざにお子様の頭を乗せて磨いたり、好きな音楽を流したりしてスキンシップを取りながらしてみてください。また、仕上げ磨きですが、こちらも10歳ぐらいまではしてあげた方がいいです。

Q:転んで歯ぐきから血が出たのですが大丈夫でしょうか?
A:外傷を受けた歯は一刻も早い処置をすることによってその後の状態が変わります。すぐに受診されることをお勧めします。

Q:歯に黒い点があるのですがこれは何?
A:むし歯の可能性があります。お子様がしみる・痛いなどの症状を訴えていなくても神経に伝わっていないだけでむし歯が進行している可能性があります。むし歯は放っておいても治らないので早めに受診しましょう。

Q:歯ぐきに口内炎のよなものがあるのですが・・・?
A:歯の神経が膿んでいる可能性があります。放っておくと膿(ウミ)が広がり抜歯しなくてはならない事がありますので早めに受診しましょう。

Q:子供の治療費はいくら位かかりますか?
A:基本的には保険治療を行っています。矯正の場合は保険は適用されません。(参照:矯正治療) また予防治療の集中プログラム(キッズPMTC)も¥1,575(15分)で行っておりますのでお気軽にスタッフにお尋ね下さい。
※千葉市は市の医療費助成により小児(小学校就学前)は窓口負担は一律¥200円のみとなっています。また小学生からは3割負担となります。