診察項目

口腔外科

口腔外科とは・・・

口腔外科(コウクウゲカ)とは難しい言葉ですが、口腔(口のなか)での外科処置を行う診療科です。厚生省より、正式に標榜科(内科、外科などのように診療科として名乗ることができる)として認められています。 歯科での治療の多くは虫歯や歯槽膿漏ですが、これら以外にも口の中の病気がたくさんあります。事故で顎(アゴ)の骨折したり、腫瘍ができることもあります。先天的に唇(クチビル)がわれている子もいます。このような口腔の病気を専門としてみるのが、口腔外科です。
歯を抜く(抜歯)ことから始まり、口腔癌(コウクウガン)や唇顎口蓋裂(シンガクコウガイレツ)等の治療や手術は、高度な知識と技術を必要しますし、またその設備も必要となります。 私たち開業歯科は、一般の歯科診療を中心に簡単な小手術(抜歯など)を行い、一般歯科の守備範囲を越えるような外傷の処置や炎症、また重篤な口腔内の疾患の早期発見した場合、すみやかに専門病院を紹介します。

口腔外科の主な対象疾患

難しい言葉が並びますが、口腔外科の主な対象疾患は以下のようになります。

  • 腫瘍(悪性腫瘍・良性腫瘍)
    顎骨などに発生する腫瘍(悪性腫瘍・良性腫瘍)に対する治療。  
  • 顎関節疾患
    顎(アゴ)の関節やその周囲の痛みや、口をあけにくいなどの疾患の治療。  
  • 顎変形症
    いわゆる「受け口」や「出っ歯」などでで症状がひどい場合、手術と矯正歯科治療の併用が必要となるような治療。  
  • 口腔顎顔面外傷
    顔面の皮膚や、口腔内の損傷、歯の損傷や顎(アゴ)の損傷また頬(ホオ)骨や鼻骨など顔面を形作る骨の骨折を伴う場合等の治療。  
  • 口唇裂(こうしんれつ)と口蓋裂(こうがいれつ)
    出生時の口唇や顎、口蓋にさまざまな程度の異常が見られる場合があります。このような先天異常によって生じた外見やかみ合わせなどの異常を回復する治療。

専門病院の紹介について

専門かつ、技術や設備がそろっており、また患者さんの利便性も治療には大きな要素となります。患者様の状態の応じた専門病院をご相談のうえご紹介させていただきます。