診察項目

一般歯科

歯周病

【主な症状】
歯がぐらついてきた。歯ぐきがやせた。歯ぐきから血がでたり、歯ぐきが赤く腫れたような部分がある。

【どんな病気?】
歯周病は歯の表面につく歯垢(シコウ)(細菌の塊)によっておこるとされる、歯の「周り」の病気です。大きく2種類に分けられ、
歯肉炎=歯肉の炎症や出血、腫れを特徴とします。
歯周炎=歯を支えている歯槽骨(シソウコツ)(歯を支えている骨)が破壊され、歯の動揺、歯肉の出血、腫れ、口臭などを特徴とします。
世間一般で言われている歯槽膿漏は、一般的には成人性歯周炎をいいますが、歯周病にはいろいろな種類があります。

【治療方法】
原因となっている歯石を取ります。患者様にはより効果的なプラークコントロールを身につけていただき毎日ご自宅でケアしていただきます。初期の歯周病であれば改善できます。もっと重症な歯周病の場合、外科手術になります。

【当院では】
この病気は、患者様と歯科医・歯科衛生士が協力して治していく病気です。何より大切なのは、患者様自身が本気で歯周病を治そうという意思を持っていただくことです。
十分な時間をかけた治療となりますが、患者さんのお仕事やライフスタイルに合わせた治療プランや期間でないと長続きしません。個人差が大きい病気ですので、治療プランをお気軽にご相談ください。ご一緒にプランを立てさせていただきます。
当院では、治療はもちろんのこと、歯科衛生士により歯周病の原因となる歯垢や歯石を取り除くことを目的としたブラッシング指導や歯石除去を行います。また、必要の応じて生活習慣の指導やアドバイスもさせていただいています。

【Q&A】
Q:歯周病の予防の「正しいブラッシング」でどうすればいいのですか?
A:大人の方の「予防」のためのブラッシングの方法をご指導させていただいています。お気軽にご相談ください。