診察項目

一般歯科

顎関節症(かみ合わせ)

【主な症状】
お口をあけるときに「アゴが痛い」「音がする」「開けづらい」などが主な症状です。慢性的な場合から軽度な場合まで、また原因もいくつかあり状態も異なります

【どんな病気?】
従来、「歯のかみ合わせ」「ストレス」「歯ぎしり」が原因とされてきました。しかし、いろいろな症状を1つの原因で特定することは難しく、最近では原因は様々なものがあり、患者さんのごとにいろいろな原因の組み合わせがあると考えられる様になりました。
たとえば、よく言われているのは、「歯のかみ合わせ」「ストレス」「歯ぎしり」などに加えて、患者さんの精神的な問題や社会との関わりや人間関係などのメンタル面(精神面)もその原因とされます。 また、お子さん大人まで幅広い年齢に発生しますが、特に20~30歳代の女性に多く発生するといわれています。

【治療方法】
一般的には、飲み薬や注射、スプリント療法、超音波治療、低周波治療、関節可動化訓練などの治療があります。また、生活上のいろいろな因子が症状の出現に関係しますので、患者さん自身のセルフマネージメント(自己管理)も重要とされています。

【当院では】
症状が軽く、マウスピースなどで対応できる場合は治療させていいただきます。顎関節症は原因が特定しづらく、またその治療内容もいろいろな専門部(歯科では 補綴科、矯正歯科、口腔外科など)が複数で治療にあたる必要があるため、当院では患者さんと相談の上、専門外来等を開設している大学病院を紹介させていただきます。

【Q&A】
Q:そういえばお口を開けるとカクカク音がしますが、別に痛くもありません。気にしなくてもいいですか?
A:顎関節症のうたがいはありますが、症状によっては様子を見るだけでよい場合もあります。が、素人判断は禁物です。一度は歯科で診察をお受けになりその上で治療が必要なければ様子を見るだけでよいでしょう。