インプラント治療

インプラント治療とは?

虫歯や歯周病、事故などによる外傷によって失われた歯を補う治療です。今までは、失った歯の両隣りの歯を削って、橋をかけるようにして補うブリッジや、入れ歯にして補う方法がとられていましたが、この方法は抜けてしまった歯が植っていた所にチタンの軸を植立して独立した状態の歯を作っていく方法です。入れ歯のような異物感はなく、硬い物(おせんべいやあわびなど)もしっかり咬め、また両隣の歯を削らずにするため今残っている歯はより長く健康な状態を保つことができます。ただし、インプラントは虫歯にはなりませんが歯ブラシがしっかりできていないと天然歯と同様に歯周病になる可能性はありますので、定期健診は必要です。

グローバル歯科グループのインプラント治療の流れ

  • カウンセリング
  • CT撮影
  • SimPlantを使用しての説明
  • 全身状態のスクリーニング(血液検査、血圧測定)
  • スケーリングおよび初期治療
  • オペオリエンテーション
  • インプラント手術
  • メインテナンス

インプラント治療の流れをより具体的にご説明いたします。

  • 全身のバンランスを考慮
    十分な診査・診断を重ね、全身のバランスや健康を考慮し、一人ひとりにあった理想的な咬み合わせを実現いたします。
  • 3D画像データから解析・解読
    インプラントの正確な埋入位置を把握するために、世界でもトップレベルの術前治療診断シュミレーションシステム「SIM/Plant」を導入。より詳しい情報の解析・解読が可能です。
  • 痛みとストレスのない麻酔
    術前に血圧・脈拍の測定を図る事により手術中のストレスの状態をモニタリングしながら行います。不安痛みのない治療を実現します。
  • 自然な仕上がり
    歯肉の改善やきれいな歯並びの追求など、審美性も考慮した治療を行っていきます。

痛みのない治療

インプラント施術や診療に際して、当院では筋肉内鎮静法を用い「安心して」「痛みのない」歯科治療を実現しています。

「筋肉内鎮静法」による負担の少ないインプラント

「筋肉内鎮静法」とは、腕の三角筋に注射をして、リラックスした状態でインプラントなどの歯科治療を行う方法です。
歯周病の手術、抜歯、インプラント(少数埋入)は、痛みや負担の少ない筋肉内鎮静法を選択される方が多いです。筋肉内鎮静法は、患者様の意識はありますが半分眠ったような状態で負担の少ない治療を受けられるという特長・メリットがございます。「インプラント治療」のような長時間に及ぶ場合には、カウンセリングの時に「筋肉内鎮静法」のご紹介をさせていただいております。

局所麻酔による変動

その1
インプラント手術において局所麻酔を行った場合、患者さまの血圧及び脈拍、酸素飽和度の変動域が大きいことが分かります。患者さまにとっては、変動域が少ない状態の方が、より安心して手術が行われていると考えられます。

その2
手術終了時の全体的なモニタリング図です。インプラント手術(約1時間)の全体的なモニタリングを示しています。

三角筋による筋肉内鎮静法

局所麻酔時とは違い、「ドルミカムによる筋肉内鎮静法」では、あきらかに患者さまの負担が少ないと言えます。
モニタリング画面の丸印で囲んだ部分を見てください。局所麻酔時は、乱れていた数値も、「筋肉内鎮静法」を用いた場合には、ほとんど変化がなく、より安定した状態でインプラント手術が行われたと考えられます。

インプラント治療後の保守・メンテナンス~歯周病の管理~

グローバル歯科では、インプラントの保守・メンテナンスに最先端の世界基準の歯周病治療法~光線力学療法~PDT(photo dynamic therapy)を導入しました。

せっかくインプラント治療をされた患者様に歯の状態を最良に保ちたい。そのためには、インプラント治療後の保守・メンテナンスとして各部ネジの締まり具合の点検や噛み合わせの調整も必要です。従って、半年から1年に1回の定期検診をお勧めしています。
また、インプラント治療後の保守・メンテナンスで最重要なことが、自分の歯と同じようにインフラントにも発生する歯周病菌の管理です。せっかくのインフラントが歯周病の進行により調子が悪くなり症例が多々発生します。
いままでは、衛生士によるブラッシング等がインプラント治療の保守・メンテナンスでしたが、最先端の世界基準の歯周病治療法~光線力学療法~PDT(photo dynamic therapy)を導入することにより、従来に比べより科学的なインプラント後の歯周病管理が実現しました。

インプラント治療後のPDT(ピーディーティ)PERIOWAVE(ペリオウェイブ)システムによる歯周病治療の流れ

1:カウンセリングインプラント治療後の調子はいかがですか?患者様のお話をお聞かせください!専任スタッフや歯科医師Aが患者様のお話を最優先でお聞きします!
※治療以外は無料のカウンセリングとなります

2:最新の歯周病治療PDT(ピーディーティ)をご希望

3:細菌検査の実施患者様の唾液にて歯科専用の検査が可能です。患者様のお口の中の細菌の検査を行い、歯周病治療PDT(ピーディーティ)の治療計画をご相談差し上げます。インタ-ネットでデータとして検査結果がグローバル歯科に送信されてきます。
※検査実費5000円が必要となります。

4:歯周病治療PDT(ピーディーティ)の開始

【費用と通院の目安】
通常、当グローバル歯科では患者様の歯周病の状態にもよりますが、インプラント後の患者様は1~2本(1歯3000円)の保守・メンテナンスをされ、その後3ヶ月~6ヶ月でのメンテナンスが平均的です。

インプラントのリカバリー(修理・回復)

せっかくインプラント治療をしたのに・・・

  • 痛みや違和感が続く
  • 仮歯やインプラントがとれてしまった
  • 歯周病でインプラント周囲炎をおこしているよう

この3点がインプラント治療をされた後、患者様のご相談の多い項目です。せっかくのインプラント治療後の状態を最良に保つためにはインプラント治療とインプラントのリカバリ-(修理・回復)経験のある歯科医師の診断が不可欠です。
遠慮無くご相談ください。

グローバル歯科グループでは、インプラントの保守・メンテナンスに最先端の世界基準の歯周病治療法~光線力学療法~PDT(photo dynamic therapy)「ぺリオウェーブ」システムを導入しております。インプラント後の歯周病がもととなるインプラント周囲炎の治療、予防に最新の治療をご提供しています。
インプラント治療後の保守・メンテナンスに欠くことのできない、最新式の歯科治療用レザ-iLase(アイレーズ)と併用することで、患者様に安心・安全の歯科医療をご提供できます。

CT撮影と術前治療診断シュミレーションシステム「SIM/Plant」

グローバル歯科におきましては、株式会社マテリアライズデンタルジャパン社製のSimPlant®と導入しております。以下CT撮影(検査)と術前治療診断シュミレーションシステム「SIM/Plant」を株式会社マテリアライズデンタルジャパン様のホームページよりご紹介させていただきます。

インプラント治療に先立ち、治療を行う顎の骨の状態を詳しく調べ綿密な治療計画を立てる必要があります。病院でCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、歯科医院ではその画像を見ながら治療の計画を立てます。

CT検査

【CT検査】
CT検査(コンピュータ断層撮影)はからだを輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。
断層画像からはからだの臓器の形態、大きさ、位置などを確認することが出来ます。


術前治療診断シュミレーションシステム「SIM/Plant」

【術前治療診断シュミレーションシステム「SIM/Plant」による治療計画】
CT検査により得られた画像を、コンピュータを使って、いろいろな方向から見たり、立体画像を作成して検討 したり、骨の硬さを調べたりします。(右図)インプラント治療では、このように治療前に、必要な情報を収集し、 綿密な治療計画を立てることが重要です。


インプラント治療後の保守・メンテナンスに欠くことのできない歯科治療用レザ-iLase(アイレーズ)

最先端の世界基準の歯周病治療法PDT「ぺリオウェーブ」システムにあわせて、最新の歯科治療用レザーのiLase(アイレーズ)を導入しました。患者様のお口の症状によってPDT「ぺリオウェーブ」システムとの使い分けにより、さらに質の高い安心・安全の治療を提供いたします。

歯科治療用レーザーiLase(アイレーズ)は半導体レーザーで、歯科治療時のメリットとしては歯を削ることが無いためインプラントに使用できることや、無痛でほとんど出血がないことがあげられます。

歯科治療用レーザiLase(アイレーズ)はハンドタイプのコンパクトなレーザーメスです。従来の電気メスと異なり、治療の痛みも少なく、ほとんど麻酔が必要なく、出血も少なく抑えることができるので、傷の回復も当然電気メスよりも早くなります。患者様にとってやさしい治療ができます。また、患者様に触れる先端分のチップと呼ばれる部分はデイスポ-ザブル(使い捨て)で感染防止も万全です。

PDT「ぺリオウェーブ」システムでの歯周病治療に加え、歯根の治療や歯肉の切除、知覚過敏や口内炎、歯茎の黒ずみにいたるまで幅広い歯科治療に使用できます。しかも患者さんの苦痛を減らすことができます。
少し専門的なお話になりますが、歯科治療用レーザーiLase(アイレーズ)はレーザーの波長が従来の840nm(ナノメートル:10億分の1メートル)から、新波長の940nmに設定変更されています。この940 nmは血液中のヘモグロビンの特性と関係し、止血効果を発揮します。

歯科治療用レザ-iLase(アイレーズ)は幅広い歯科治療に使用しますが、特に歯を削ることがないので、インプラント治療後の保守・メンテナンスに最適です。また最新の歯周病治療法PDT「ぺリオウェーブ」システムと併用することで、患者様に安心・安全の歯科医療をご提供できます。