訪問歯科~介護施設のご担当者様

訪問歯科診療(在宅歯科診療)への取り組み  ~高齢化社会への取り組み~

~「東京都福祉保健局・東京歯科医師会 在宅歯科医療実践ガイドブック かかりつけ歯医者としての役割り」より抜粋~

日本の高齢化はさらに進み、2015年は高齢社会の節目の年となる。

2015年は団塊世代が高齢者に突入することになり、1700万世帯の高齢者世帯が予想され、認知症高齢者も250万人に達すると予測されています。また、高齢者世帯中の独居世帯が増加し約570万世帯(約33%)になると言われています。

地域医療連携の推進と在宅での緩和ケアや看取りの必要性がある。

2007年4月に日本人の死因のトップである「がん」に対して「がん対策基本法」が施行されました。それに伴い在宅における全人的緩和ケアも展開されることとなり、地域連携体制の推進が行われています。
現在では、約8割以上の方が病院などで死を迎えていますが、住み慣れた自宅で家族とともに過ごし、自然な最後を迎えることがよいという認識も広がってきています。

口腔機能の維持管理や在宅歯科医療の重要性が広がり、歯科への要望・要請が多くなる。

病院医療から在宅医療への流れのなかで、病院側から歯科への連携の要望や、地域の在宅療養支援診療所や訪問看護ステーションなどからも連携・協働が求められています。

このような高齢化社会への取り組みとして、私達グローバル歯科グループでは「口腔ケアの啓蒙」に対するボランテイア活動と、ご希望の方への「訪問歯科診療」に力を入れています。


お気軽にお問い合わせください

お口の健康は高齢者の生活の質(QOL)を向上させる出発点です!

見過ごされがちな高齢者のお口のトラブル

利用者様の健康維持

他人のお口の中はプライベートな部分であり、普段なかなか見る機会がありません。口腔ケアをしようと思っても、なんとなく覗き込みにくかったり、食事や排泄など他の介護の後回しになってしまったりして、お口の中のトラブルには気づきにくいものです。

それぞれの専門分野で連携を取り合うことが、利用者様のお口の問題だけでなく全身の健康・QOLを向上させる大きな鍵を握っています。


ご施設での訪問歯科診療の場合の報・連・相の相関図

治療実施記録 情報提供書 訪問歯科診療治療内容説明書
治療実施記録 情報提供書 訪問歯科診療内容説明書

ご自身の口腔内写真 治療がある場合はその経過のご報告
治療前 治療後
治療前 治療後

医療法人久敬会グローバル歯科の沿革

  • 2007年(平成20年)4月 千葉県稲毛海岸にてグローバル歯科開設
  • 2010年(平成23年)3月 東京都江戸川にてグローバル歯科江戸川を開設
  • 2010年(平成23年)6月 グローバル歯科訪問診療部を設置
  • 2011年(平成24年)3月 千葉県船橋市サミット内にてグローバル歯科馬込沢を開設
  • 2015年(平成26年)2月 稲毛診療所と馬込沢に統合。歯科訪問診療部の本部設置。

お気軽にお問い合わせください